2015年4月14日火曜日

モデルガンのブルーイング再入門-6-ブルー液を塗った後の処理方法

■ブルーイングの変化の仕方

HW樹脂モデルガンにブルーイングを初めて行った人は、その変化におどろき戸惑うでしょう。
丁寧に磨いた下地もブルーイングが失敗すれば、振り出しに戻ります。
費やした労力に見合った結果に至らず、あきらめる人もいるかもしれません。
あるいは「使い古した感じ」と割り切る人もいるかもしれません。

ブルー液を塗ってどういう変化をたどって完成となるのか、このフローを知っているだけで不安な気持ちが解消できるかもしれません。


■ブルー液は塗ったらすぐ拭う

ブルー液を塗った後、急いですることがあります。

それは、ブルー液をすぐに拭うことです。

ブルー液がHW樹脂につくとどうしても、表面にブルー液が溜まってしまいます。
それほどブルー液を付けていなくてもブルー液は溜まっています。
ブルー液が溜まっていると、HW樹脂に処理能力の鳴るブルー液がいつまでも触れた状態になってしまいます。
これではブルーイングがずっと進行した状態になってしまいます。
ドブ漬けならこれでいいのですが、塗り込み方ではブルーイングされていない個所もたくさんあります。
一か所だけ過度にブルーイングが進行すると、ムラやアレの原因になります。

塗ったブルー液はすぐに拭うのが基本です。



いったい何回塗ればいいのか。

下地処理を適切にやっていると、HW樹脂は鈍い銀色、鉛色になっているはずです。
この時艶があまりない状態ですと、研磨不足です。
下地処理がしっかりできているとして説明します。

ブルー液を筆なり、パフなりにつけてHW樹脂に付けると、まず黒くなります。

ブルー液がついていないところとは明確な変化があります。

それではこのブルー液は一体なんかいくらい塗ればいいのでしょうか。
これは答えはありません。
塗りつけるブルー液の量にもよりますし、下地の研磨具合、HW樹脂によっても違います。
ちなみに私の場合は、ガバメントのスライドの平面部分一面で、2時間くらいかかります。
2時間が長いか短いかは別にして、もっと短時間で処理される方もいらっしゃいます。

それではこの2時間について説明します。

■ブルーイングフロー例

  1. ブルー液塗布→拭き取りを繰り返します。
    2~3回でまんべんなく黒くなります。
    ただしまだムラがあります。
    色味は、茶色がかった黒です。
  2. 4~10回目
    だんだん艶がでてきます。
    色味は少し銀色に近くなってきます。
    ブルー液をはじく個所が出てきますが、まだまだ粉をふいたような箇所がほとんどです。
  3. 11~20回目
    ブルー液をはじく個所が多くなってきます。
    ブルー液を全体的にはじくようになれば、ひとまず完成です。
    ブルー液の拭き残しがあるとムラになりますので、ティッシュできれいにふき取ります。
    拭き残しが固まって取れない場合は、少しだけブルー液を足すとすぐに取れるはずです。
  4. 完成
    ひとまず完成したものを眺めて、色味が濃いところを探します。
    そのあたりはまだ液に反応する余地がありますので、ブルー液を塗布します。
    この時色味は少しだけ変化します。
    すでに反応が終わっている箇所との差異に注意して処理します。
    良い感じに染まれば完成です。

■根気よく、スケジュール感をもって

ブルーイングは、技量よりも根気が必要です。
このくらいでいいかと放置した個所はブルーイングした後でも分かります。
完璧主義な人の方が、向いているでしょう。

手の遅い私がいうのも何ですが、スケジュール感を持つことも必要です。

活動時間帯は人それぞれなので、あくまで私の場合を説明します。

ブルー液を塗るのは、研磨の後すぐが理想です。

そのため、研磨作業が夜の11時くらいに終わったら、そのあとブルーイングすると1時を回ってしまいます。

1時までやればいいのですが、集中力が切れると仕上がりが甘くなります。

こういう場合は、10時半くらいの1000番くらいのペーパーかけで切り上げて、翌日に持ち越した方がうまくいきます。

ブルーイングは先を急がずに気長にやる方がうまくいくのです。

















0 件のコメント :

コメントを投稿